駐車場経営で上手に資産運用

駐車場経営をするにあたって知っておくべきこと

駐車場から得られる収入にかかる税金

駐車場から得られる収入にかかる税金 駐車場を経営する際に注意が必要な点の一つに、営業で得られる収入が課税対象になる点が挙げられますが、課される税金の種類は駐車場の経営形態によって異なります。
個人名義で駐車場を営業している場合、収入に対して所得税・住民税・復興特別所得税の3つの税が課されます。
所得として計上する際に問題となるのが10種類ある区分のうちのどの所得に算入すべきかということですが、本業としている場合やある程度大規模に経営している場合は事業所得に、それ以外は不動産所得にするのが一般的です。
事業所得については税の優遇制度が数多く設けられているので、計上できるようであればこちらを選んだほうが良いでしょう。
一方で法人を設立した上で経営している場合は、法人税や事業税、法人住民税などが課されます。
個人事業の場合とは異なり、所得に区分が設けられておらず、駐車場の収入はすべて他の収入と合わせて益金に算入した後、損金を計算して課税対象所得と税額を算出することになります。

駐車場経営は不動産会社を通すことで利用者を集めることが可能

駐車場経営は不動産会社を通すことで利用者を集めることが可能 駐車場の経営を考えている方は、コインパーキングと月極駐車場から選ぶ方法が一般的です。
広大な面積があり、それなりの需要があれば2階建て以上の立体式にすることができますが、普通の方が運営するには難しい一面があります。
コインパーキングでも月極でもどちらも専門としている会社があります。
地面を舗装したり、必要な機材一式を設営することを行ってもらえるので、経営する側は負担を感じてしまうことが少ないものです。
駐車場の中でも月極を選択するような場合では、利用者を募る方法で心配に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
立て看板などを設置していることが多いものですが、地元で営業をしている不動産会社に仲介業務をお願いすることができるので、個人で利用者を集めるという手間を無くすことは十分に可能です。
何も用途の無い土地を所有している方であれば、このような活用法を考えてみると、黙っていても利用者から利用料金を集めることができるので、資産を有効活用するには最適と考えることもできるのではないでしょうか。

Copyright (C) 2018 駐車場経営で上手に資産運用. All Rights Reserved.