駐車場経営で上手に資産運用

駐車場と固定資産税

駐車場と固定資産税

駐車場と固定資産税 所有している土地の有効活用策としてよく試されているのが駐車場経営ですが、実際に営業していく際に必ずついて回るものがあります。それが、1月1日現在の土地や建物の所有者に対して4月から翌年3月までの1年度分の税が課される固定資産税です。
固定資産税は持ち家に住んでいる人であれば誰もが納めているものですが、土地の面積が同じであると仮定した場合、駐車場の敷地に課されるこの税は、宅地の課税標準額減額の特例を適用できない分、持ち家の敷地にかかるものと比較すると何倍も高くなります。また、持ち家の建物の分の税額は最初のうちは高額ですが、減価償却によって価値が年々減少していくにつれて課税標準額が減っていくため税負担が軽くなり、やがて土地の分と合わせても駐車場の敷地に対してかかるものより負担が軽くなります。
所有している土地を駐車場に転用しようと考えている人は、この税の負担が収益を圧迫することを考慮して経営計画を立てなければなりません。

駐車場を経営するための権利で収入を得る?

駐車場を経営するための権利で収入を得る? 駐車場経営は企業のサイドビジネスとしての運用や土地活用など、副業の方法の一つにもなっています。経営して利益を上げていくには様々な準備や契約だけでなく、毎日のメンテナンスなど、クリアしていかなければならない内容が幾つもあります。「駐車場なんだから、機械を設置しておけ利益が出るはず」と考える方もいるでしょう。実際にそうであったらどれだけ楽かわかりませんが、想像も出来ないトラブルに見舞われるケースも少なくありません。

「資産を増やしたいけど手間が掛かるのは面倒」と考えられる場合だけでなく、「土地があって興味があるけど、利益が上がらなかったときが怖い」という考えもあると思います。選択肢の一つに駐車場経営を希望している方に土地を貸すという方法があります。土地を貸すことで借地に対して地代を受け取る権利を得ることで、毎月の確実な収入に繋がります。当然、契約が基礎になる権利なので、対応する義務も発生しますが、順調に行かなくなったときのリスク負担がないことが非常に大きなメリットです。駐車場経営のありかたとして選択肢に入れてみては。

Copyright (C) 2018 駐車場経営で上手に資産運用. All Rights Reserved.