駐車場経営で上手に資産運用

駐車場経営をするにあたって知っておくべきこと

駐車場収入は確定申告ではどう処理する?

駐車場収入は確定申告ではどう処理する? 本業以外に副業で駐車場収入がある場合は、基本的に確定申告をする必要があります。
駐車場代の収入は不動産所得に分類されるので、確定申告の時に申告しなければなりません。
不動産所得の申告に必要な書類は、申告書のB様式と収支内訳書と、給与所得者であれば源泉徴収票とその他各種証明書になります。
給与所得の年末調整が済んでいて、駐車場収入が年間で20万円以下だった場合は申告しなくても大丈夫です。
駐車場の収入で課税の対象となる不動産所得は、総収入の金額から必要経費を引いた金額になります。
必要経費にあたるのは、固定資産税や修繕費などです。
不動産の必要経費には、租税公課や損害保険料や減価償却費や修繕費などありますが、その中でも必要経費となるものとならないものが細かく分かれていますので注意が必要です。
青色申告をする場合、さらに青色申告特別控除額を引いた金額になります。
個人で経営している場合は、何が必要経費として計上できるのかなど、しっかりと把握することが重要になります。

駐車場の運用を失敗させないためにはどうすればいい?

駐車場の運用を失敗させないためにはどうすればいい? 近年需要が多くなっている駐車場を運用して利益をあげたいが、初めてなので失敗が怖くてなかなか一歩踏み出せない、という人はいませんでしょうか。
まず、駐車場を運用するにあたっては、月極タイプにするかコインパーキングタイプにするかを決める必要があります。
月極タイプは、契約を結べば1か月ごとの収益が保証されるなどのメリットが存在します。
対してコインパーキングタイプのメリットは、立地と回転率によっては月極タイプよりも収益をあげられる可能性があるという点です。
また、駐車場にしようと思う立地は、駅や大型商業施設の近くという点以外にも気にすべきポイントがあります。
それは駐車場までの道です。
この道が狭かったり曲線が多く入りづらい道路であったりすると、それが理由で利用を躊躇してしまうというケースも考えられます。
収益予想をシビアに考えておくという必要もあります。
集客を当てにしていた近隣の飲食店などが撤退してしまったり、周辺状況は常に変化していきます。
そのような変化も頭に入れつつこの土地で成功するかを考えましょう。

Copyright (C) 2018 駐車場経営で上手に資産運用. All Rights Reserved.